自営業者というのは意外とやり方が沢山あります

一からすべてをやること

自営業者といっても、その方向性は様々になります。要するにどんな仕事をするのか、どんなことで利益を生み出すのか、ということによって違いがあるわけです。しかし、一律でいえることは帳簿はつけないといけないことです。これは必須であり、基本的にはどんな場合でも細かくつけておく必要があります。そして、自営業者であれば確実に青色申告をするようにしたほうがよいでしょう。そうすれば税控除がとても多くなるからです。これが大事です。

持っていたほうが良いスキルというのは

自営業者というのは、いくつか持っていたほうが良いスキルがあります。それがコンピュータと運転免許です。これも絶対というわけではないですが、持っていたほうが何かと役に立つことが多いです。自営業の方向性にもよるわけですが仕事として今はコンピュータを使うのが当たり前になっています。そして、運転免許も持っていたほうが良いです。これは要するに様々なところに移動するために使えるからです。どんな自営業でもこの二つのスキルは必須といえます。

携帯電話を別途で持つこと

携帯電話を個人用と事業用でわけることが基本的にはお勧め出来ます。そうすればかなり安心して利用することができるからです。費用はかかってしまうわけですが、それでもとてもメリットが大きくあります。携帯電話代は当たり前ですが経費になります。仕事用に別に持っている分は100パーセント経費にすることができますから、別に損をするわけではないです。それにプライベートと仕事を分ける、ということはとても大事なことでもあります。

フランチャイズ契約でコンビニやファーストフードの店を開店した場合、営業等のノウハウを提供してもらう代わりに、加盟金と月々のロイヤリティが必要です。