太陽光発電システムについて

太陽光発電装置の現在

太陽光発電は最近はあちこちで見ることができるようになりました。屋根の上や山の裾部分に大きく取り付けられたりして、珍しいものではなくなりました。太陽の光で電気を作り出し、家庭で使用して、使いきれずに余った電機は電力会社に買い取ってもらうというシステムになっています。昨今では、独自に充電装置を取り付けている家庭もあるとの事です。災害時において停電になった場合は、太陽が照っていれば電気を使う事が出来るという売り文句もよく言われています。

地球温暖化に対する太陽光発電

昨今は、原子力発電所の問題等で安全神話が崩れ、クリーンエネルギーを見直す状況があちこちで聞かれるようになりました。世界的にも地球温暖化が問題になり、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガス問題で何か安全で高出力化ができるものはという考えが出始めました。そこで太陽光発電もその中の一つとして目を向けられました。発電時に二酸化炭素を出さず、騒音問題もなく、排出ガスもありません。とても環境には優しい発電方法です。

個人の太陽光発電装置のしくみ

大型のメガソーラだけでなく、家庭内でも太陽光発電はでき売電まで可能という事で太陽光発電システムの人気がでました。仕組みとしても単純で屋根の上に太陽電池モジュールというものを屋根の上に置き、パワーコンディショナーと接続箱で集めて、家庭で使用できる電力に変換し、分電盤で家中に電気を送ります。電力が少ない時は電力会社から購入し、発電量が多い時は電力会社へ売る(売電)ことができるようにしてあり、その量は売電メーターや買電メーターで見ることができるようになっていますので電気代の節約などの意識も高まります。

太陽光発電の価格はメーカーによって様々ですが、パネルを付ける枚数やメーカーの特徴をしっかり確認した上で導入する事が一番だと思います。